青汁に含まれる葉酸ってどんなもの?

青汁に含まれる主な含有量でもある葉酸についてみていきましょう。

 

葉酸についてはその世界で活躍している学術研究者達が発起人となり
「葉酸と母子の健康を考える会」というものがあるそうです。
そして葉酸に関する知識の向上や摂取促進を目的としてに4月3日を葉酸の日として、
日々活動しているのだそうです。

 

葉酸は第一に発見されたあと、野菜の葉の各部に多く含まれていることがわかりました。
そして、青汁にも含まれている葉酸は今では健康のためにも最も注目を浴びているビタミンの1つなんです。

 

ビタミンとは何か?簡単に言えば
葉酸、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、バントテン酸、ビタミンB6、ビオチン、ビタミンB12の9細目の栄養素の総称が、ビタミンB群というものですね。

 

ビタミンB群の栄養素は8細目が個別がお互いを助け合いながら作用しています。
互助作用というものです。

 

そして今まで、栄養素というのはビタミンB群だけしかないものと考えられていたそうですが、
研究を重ねるうちに全部で8細目の栄養素で構成されていることが解り、そのことから葉酸という名前で呼ばれるようになりました。

 

最初は、猿の貧血を改善する目的での栄養素として発見され利用されてきた葉酸はビタミンMと猿=モンキーのイニシャルを取り、そう呼ばれてたんです。

 

葉酸は妊娠中の方にも良いですが、毎日の健康目的だけではないので、毎日青汁を飲むなどして効果的に摂取したいものです。

 

お役立ちサイト集

味や匂いにクセのあるケールではなく国産大麦若葉を使い甘みをギュッと凝縮しているのえがおの青汁です。
ふるさと青汁 口コミ体験
マイケアのふるさと青汁を通販購入して飲んでみました。
えがおの青汁の体験談