21世紀漬物師お~ちゃんの仰天研究所

[新着人気サイト]
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.さのまこと
2.ペルー
3.Limbonic Art
4.浅田弘幸
5.原幹恵
6.バス通り裏
7.ローラーコースタータイクーン
8.ZZ Top
9.達人
10.バルバラ

i-mobile
★imodeBEST100★
adidas(アディダス)Girls adigirl ストレッチTシャツ 娘(10歳)用に購入しました。
女の子らしいシルエットと、キラキラした柄が気に入っているようです。
ただ、140にしては、思ったよりも小さく、来シーズン着ることができるか少し心配です。まあ、タイトに着るのも良いかもしれません。
ワンサイズ大き目に買うのが無難かも。

消しゴム屋2 [DVD] 初回作が一話完結だったのに今回はいい場面で次回への持ち越しで終わったので星を一つ減らしました 早く続編をみたい まさかこれで終わりって事は無いですよね…
The Girl with the Dragon Tattoo (Millennium Trilogy)  この本(Kindle)はこの間読んだ、「The Girl who kicked the Hornet’s Nest」に触発されてKindleにダウンロードしたものである。これはGirlsシリーズの第一作目なので、主人公のBlomkvistとその友人(恋人)のErika Berger、もう一人の主人公のLisbeth Salander 、彼女の理解者であり雇用主でもあったDragan Armansky など、Hornet’s Nestの時の登場人物の輪郭が改めてよくわかった。また、LisbethがHornet’s Nestで見せた卓越したITの技術もこの第一作で余すことなく伝えられている。娯楽品としては一級品で読み始めるとなかなか止められないのも前作と同じだった。
 内容は、36年前に殺されたHarriet Vangerを、その大叔父であるHenrik VangerがBlomkvistに調査を依頼する、という話であるが、そこに行くまでに多くの伏線がある。よってしばらくは思わせぶりな話や経済界の裏話など、少し我慢して読まなければならなかった。
 しかし、話が本題の36年前の殺人事件の調査に突入すると、一気におもしろくなる。ここら辺の著者の手腕は見事なものだと思う。相変わらず、スウェーデンらしく性的に自由な生活を表現する箇所もあるが、それもさらりと書かれているので、ふぅん、そうか、と思う程度である。
 これはスリラー小説としても娯楽作品としてまことに楽しむこのできた傑作であった。話が暗いようでいて、実は人間同士の信頼に基づく展開となっており、読んでいる最中も結末も気分がよかった。次には、The Girl who played with Fire、を読もうと思っている。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
◆画像の森◆

today:004 yesterday:046
TOTAL:25268