ギャルメイクの方法と仕方

ギャルメイクの方法と仕方

ギャルメイクの方法と仕方とは、目元ぱっちりで口元を湿らせて、特にアイメイクが濃いことが特徴ですが、そのギャルメイク方法や仕方は一般的なメイクとは違うので画像で見るのが一番でしょう。

ギャルメイク方法と仕方

ギャルメイクの方法は独特です。

ギャルメイクというのは名前の通り10代のギャル系の娘が行うメイクのことです。一昔前に「ヤマンバメイク」というギャルメイクが流行しました。あれはちょっと極端なものですが、いまでもギャルメイクの方法は大人が理解にちょっと苦しむような独特な価値観と理論を持っています。

ギャルメイクの方法や仕方の基本はやはり「厚化粧」ということになるでしょう。繁華街へ行けばギャルメイクをした女子高生の姿を見つけることができます。道端に集まって楽しそうに話しているギャルメイクの女子高生の団体が周囲の目を引くことも多いです。

ギャルメイクの特徴

特徴としては目元をぱっちりと見せることと、口元を湿らせるところでしょうか。

正直ギョッとさせられるギャルメイクをしている娘を見かけることもありますが、ギャルメイクをうまく活かして可愛らしく見せている娘もいます。どちらにしろ20代に入ったら絶対に許されないメイク。若い魅力を引き出すためのメイクがギャルメイクと言えるでしょう。

ギャルメイクのポイント

具体的なギャルメイクのポイントというと、やはりアイメイク全体を濃くすることです。

ギャルメイクを見た時、最初に注意を引かれるのは目ですから、これは当然と言えます。アイラインは太く引き、ファンデーションやアイシャドウをまぶた全体に入れます。目頭に白いアイラインを入れることもポイントになります。

ファンデーションやアイシャドウにはキラキラしたラメ入りのものを使ってより派手にすることも多いです。

それから重要なのがつけまつ毛です。つけまつ毛を使わないギャルメイクの方法はないといってもいいでしょう。つけまつ毛にもマスカラを濃く塗り、下まつ毛にも目じりを中心にしっかりと濃く塗ります。

ギャルメイクに走るギャルたち

なぜギャルたちはこういったギャルメイクの方法を使ってああいった派手なメイクをするのでしょうか。

目立ちたいから、という理由がまず挙げられますが、それだけではないと思います。なぜなら、ギャルメイクは厚化粧ですから、逆に個性を失いがちになるからです。大人の目から見て、同じ制服を着たギャルメイクの女子高生が数人集まったらもう区別がつきません。

目立ちたい、という願望の裏にはまったく逆の心理。「みんなと一緒でありたい」という願望も潜んでいるのではないでしょうか。同じ制服を着ていれば、流行の服を着ていればファッションセンスを問われることはないのと同様、ギャルメイクをしていれば外見を問われることが少なくなる、という考え方です。いわば彼女たちがみんな一緒で、同じ世界に属している証拠としてギャルメイクが存在しているのではないでしょうか。

ヤマンバメイクの流行があっという間に消え去った過去があります。現在のギャルメイクの方法も時代の流れとともに変化していくことは間違いないでしょう。ただ、どう変化してもギャルであることを強調する独自性と、ギャルメイクをやっているとみんなが同じになる、という類似性が共存するというスタイルは変化しないと思います。