i-mobile
井田スナイパーリッチーちゃんのこってり携帯ムービー館

◆画像の森◆
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.小市民ケーン
2.教えてgoo
3.aiko
4.岩下俊作
5.ワーキングメモリー
6.BUGってハニー
7.時空冒険記 ゼントリックス
8.辰巳奈都子
9.エフゲニー・キーシン
10.泰葉

i-mobile
girls☆ranking
つくものがたり 特典 「スペシャルDVD」「ポストカードセット amazon.co.jp限定の書き下ろし1枚含む 」付き 主人公は現代風で普通な設定なのだと思いますが、二次元だし主人公なんだから、もう少し頑張れよ!と言いたくなる時もあります; 後、主人公が無気力過ぎで親友との温度差も結構あり、後半では主人公は主人公、親友は親友で別々のストーリー展開でほとんど絡みも無く、本当に親友なのか?と疑問に思いました; イベントもほとんど周りが勝手に進展していくだけで主人公は蚊帳の外と言う感じで寂しい限りでした…。 キャラが魅力的なのが多いのに友情も恋愛もなくて、残念でなりません; 個人的には、親友と眼鏡っ子とのイベントが…; 二人共、好きなキャラですが、そんな展開は望んでない…;むしろ、嫌;こっちがあの子とそういう展開のイベントがしたい!と叫びたいくらいです。 キャラが濃い割に…と言うより濃すぎなのが多くて、若干、消化しきれてない感があり、これといった出番も無かったり、『?』と思う所もありました; 戦闘システムや言霊や憑代探しは楽しいですし、全体的な話の流れは面白かったので私的には買って損はしてません。 ですが、いっそのこと、サ○ンナイトみたいに本編の後に気になるキャラと会話して、友好度を上げ、個々のエンディングとかあった方が嬉しかったです。
覚えていない (新潮文庫) 佐野洋子さんの飾らない人柄、
何でもずばずば言えちゃうところなど大好きです。
笑えたのは頭のほうにある、渡辺淳一に関すること
(あの、作家の、です)

あそこだけ読んでも笑えます。
ただ私は電車の中で読んでいたので、
ちょっと困ってしまいましたが(いろいろな面で)。

率直で飾らなくてすがすがしい。
佐野洋子さんのエッセイはそんな印象です。

著者自身が「覚えていない」ような、
「こんなこと思ってたんだ、書いてたんだ」と
驚いた、というエッセイですが、十分面白く、
笑えて、時々考えさせられます。

オススメです。

一流の勝負力 内容はまあまあいい。メンタルトレーニングの本を読んだことがない人が読む価値はある。
でも、ここのレビューを見て引いてしまった。
全員★5のべた褒め。しかもほとんどの人のレビューがこの本だけ。
著者の関係者がレビューしているか、自演なのが分かりやすい。
気持ちは分かるが、そこまでして売りたいという姿勢を見て信用できなくなった。
もちろん、この本だけレビューする気になったという可能性はあるが…。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
[新着人気サイト]

today:031 yesterday:050
TOTAL:84228