'12年2月度 三島・平塚 and more



文・写真/ホロッホー


前夜はが舞い散っていた。
朝日に照らされた街なかに目を配ると、車の屋根や空き地などに うっすらと積もっているのが見られた。路面はどうやらドライ・コンディション・・・・いや、あちこちに大小サイズの凍結パッチがあるから半フリーズ・コンディションか。
駐車場への徒歩と暖機場所へ押し歩く途上で何度か不意に足をすくわれた。一見、凍結してなさそうなところでもツルッ!!
市街地でこれだと郊外は・・・・(滝汗)。
中止にしようかと本気で考えたが結局 出発。慎重に走行ラインを選びながら第三京浜を目指した。
都筑PAに着いてみるとダンナ@BMWが一番乗りで待っていた。すげぇーな、おい。俺ん家よりもっと路面が凍結するであろう地域から、しかも俺よりずっと早い時間からの出発だっただろうに。
お互い、融雪剤が びっしり付着したタイヤ。

サバイバルの幕開けか。
行き先は くるーんが事前チェックしといたカフェに決定。
高速道路で言うと最寄りは東名の沼津IC。しかし最寄りまで一気乗りでは到着が開店時間「前」に。
「手前で降りよう。」「秦野中井ICで合流。」「はいよ。」「OK」
秦野中井ICで降りてダンナ@BMWレコメンドのルートに突入。ちょっとしたワインディングだった。道はガラガラなので順調にラリホー♪
陽が高くなったから凍結も融けて・・・・って、どわぁぁぁぁ!!!! でっけぇ凍結パッチ がぁーーー!!!
案内したダンナ@BMWのテリトリー経験則を上回る凍結状況。変な汗がダラダラ。
なんとか無事に下界へ到着しR246を ひた走る。快調に飛ばs・・・・物陰に白バイが潜伏しているのを発見。くわばらくわばら。
昌やん@VTRの希望で休憩。
缶珈琲で ひと息。いやー、よく晴れてんなー。昨夜の空模様がウソみたい。うひひ。

現地近辺の詳細地図を用意していたことも手伝って、すんなり目的地へ到着。駐車スペースは充分。
カフェ・コルソ・マルケ38・・・三島市塚原新田

ここの情報はどうやって見つけたんだっけ・・・・。イタリアン・クラシックカーのレストア工房に併設されたお店です。工場屋外にはレストア待ちかもしれないクルマが並んでいた。「るぱぁ〜ん さぁんせぇ」ので有名なのも何台か。

店内はビンテージなクルマ関係ポスターや小物が多数展示されていた。

珈琲の香りを吸い込むように古き良きビンテージ世界を楽しめる。

食事は陽だまりに まどろむ気分がちょうどいい寛いだ味と量。

静かに、しかし ほんのり情熱を感じながら談笑するのがよく似合う
。 すっかり長居して・・・ってほどではないが そろそろ次なる目的地へ向かうとしよう。
「足柄SAで。」「了解。」「ほんじゃ出発。」
目指すは平塚。時間的猶予が少ないので先を急ぐ。昼過ぎなのに風がまだ冷たい。あぁ、このアンダーウエア買ってよかった。
足柄SA到着。

SA入り口近くにあるバイク用スペースに留めた。・・・・昌やんの姿がない。
偶然居合わせた通りすがりのCB1300ライダーにダンナ@BMWが話しかける。俺は昌やん捜索に出てSA内をウロチョロ・・・・と、SA内 中ほどにもバイク用スペースを発見。
「あぁ、こっちにも2輪駐車場あるのか。」

1台も留まっていない。 ここ足柄SAは広いから簡単に擦れ違いを起こしそうだ。
待てど暮らせどしているとダンナ@BMWと昌やんが連絡ついた模様。 どうやら昌やんはさっき見つけた別のバイク用スペースへ留めて待っていたが誰も現れないので出発してしまったそうな。
心配したまんまの見事な擦れ違いだ。 昌やんは中井PAにいるらしい。
捜索中、次なる目的地に営業時間の問い合わせ電話をしたら、店は午後の中休みを取ると言う。営業再開時間に行くと遅過ぎるので今回は諦めた。 ちぃーと下調べが甘かったねぇ。
「さーーーてと・・・・・・・・・」
ってことで行き先変更。 ダンナ@BMWは心当たりがあると言う。今日、ダンナは大活躍だなぁ。
「和風カフェだった覚えが。」
いいね、行ってみよう。下道降りた後はダンナ@BMW先導で小道クネクネ縦横無尽ここはどこ。
和風レストラン”憩” ・・・平塚市

木目ふんだんに使われた綺麗でシックな店内。魚料理メインのファミレスとでも言いましょうか。スタッフの接客は物腰柔らかく居心地いい。食事も楽しめた。

陽光に黄色味が差してきた。話しは尽きない。合間を縫って撮った集合写真には「ごちそうさま」の顔が並びました。
ダンナ@BMWとjohnny@CBの ふたりは帰宅路、昌やんと俺は品川を目指す。

「気が向いた いつの日か、またどうぞ。」
そして俺は昌やんを西大井のホットチョコ・カフェに連行。(笑)
ほっこり優しい味の豚汁をいただいた。寒風に晒された身に あったかさが染み渡る。
ごっつぁんでした。また来らぁ。