漫画・アニメモデル

☆写真をクリックすると拡大します☆


1/144 コスモタイガーII
コスモタイガーII(単座)
メーカー

バンダイ

スケール

1/144 

製作

昭和62年6月


 メカコレサイズの単座型が欲しくて三座型から改修したのですが、元キットの成型限界から大改修になってしまいました。増槽の代わりにミサイルを装備し、塗装は「さらば宇宙戦艦ヤマト」の山本機のものです。

1/144 VF−17S
VF−17S(ミリア機)
メーカー

バンダイ

スケール

1/144 

製作

平成12年12月


 某模型サイトで開催された「俺的マクロス」コンテストにエントリーした作品です。プロポーションを劇中に近づけるべく各部形状を変更し、上半身の関節部も各社ポリパーツ等を駆使して作り直しました。塗装はグンゼのサーフェーサー1200、グンゼのベースホワイト、モデラーズのブライトレッドの順に缶スプレーを吹き、武器はラッカー系のグレー75とエンジングレーFS16081を筆塗り、それ以外はエナメル系の明灰白色・ダークグレイをグンゼのスーパークリアでオーバーコートしながらこれも筆で塗り分けました。マーキングは塗装とウェーブから別売されたデカールとを併用しています。

詳しい製作記事(pdfファイル)はこちら


コスモゼロ 52型
コスモゼロ 52型
メーカー

バンダイ

スケール

NON 

製作

平成14年5月


 某模型サイトの第3回ヒコーキコンペにエントリーした機体です。各部を薄く細くすることを心掛け、併せてキャノピー部分をヒートプレスして作った透明部品に置き換えて複座の操縦席を新造しました。機体基本色はグンゼの缶スプレーの明灰白色で、他の色はラッカー系・エナメル系を使い分けながら筆で塗装しています。

詳しい製作記事(pdfファイル)はこちら


潜宙艦
白色彗星帝国 潜宙艦
メーカー

バンダイ

スケール

NON 

製作

平成14年6月


 某模型サイトのメカ真田1号杯にエントリーした機体です。艦体の歪みを修正し、サイズの関係で省略されたモールドを追加しています。艦体中程のフライホイール状部品はプラ板等で新造して凹凸がはっきりわかるようにしました。塗装はモデラーズの缶スプレーのダークブルーです。飾り台は他のメカコレとも共用する積もりで自作しました。

詳しい製作記事(pdfファイル)はこちら


1/144 VF−16MAXL改
VF−11MAXL改(ミレーヌバルキリー)
メーカー

バンダイ

スケール

1/144 

製作

平成15年6月


 某模型サイトのメカ真田2号杯にエントリーし、入賞した機体です。プロポーションを劇中に近づけるべく、機首部分を中心に各部形状を変更しました。キャノピーはヒートプレスにより新造。塗装は全体にクレオス(旧グンゼ)のベースホワイト1000を吹いてから各部を筆で塗り分け、クレオスのレッドパール、スーパークリア(光沢)の順に吹き重ねています。

詳しい製作記事(pdfファイル)はこちら


1/700 宇宙戦艦ヤマト
宇宙戦艦ヤ
メーカー

バンダイ

スケール

1/700 

製作

平成18年3月


 20年以上昔のキットをベースに、可能な限りアニメ設定や劇中の雰囲気に近付けることを目標にかなりの箇所に手を入れました。飾り台は1/1000ヤマトの部品を流用し、艦体に穴が無くても設置できるようにしています。  塗装は艦底部がシャインレッド、艦体はガンダムカラーのエクストラダークグレーで、いずれもクレオスの缶スプレーを使用して2201年(対ガトランティス)仕様としました。

詳しい製作記事はこちら pdfファイルはこちら


超巨大戦艦
白色彗星帝国 超巨大戦艦
メーカー

バンダイ

スケール

NON 

製作

平成19年2月


 某模型サイトのメカコレコンテストにエントリーしました。プロポーションは変更せず、主として省略された部分を追加工作したりディティールを揃えたりしています。艦首のライトか砲か良くわからない丸い部分や艦底部よりせり出してくる巨砲は新造しました。塗装はガンダムカラーのファントムグレーの缶スプレーを吹き、細部を塗り分けた後クレオスのツヤ消しクリアを吹いてツヤを整えています。

詳しい製作記事(pdfファイル)はこちら


ゴッドフェニックス
ゴッドフェニックス
メーカー

CubicCharacter

スケール

NON 

製作

平成20年1月


 某模型サイトの年忘れ紅白プラモ合戦5にエントリーした機体で、こちらのサイトからダウンロードした型紙を印刷して組み立てたものです。各部の合わせを微調整しながら、木工用ボンドを用いてほぼストレートに組み立てました。トップドームのみ半分にしたBB弾に替えています。機体色は本来はもっと鮮やかな青色の筈ですが、使用したプリンタの具合で紫色に近くなってしまいました。

デスラー戦闘空母
ガミラス帝国 デスラー戦闘空母
メーカー

バンダイ

スケール

NON 

製作

平成21年5月


 某模型サイトの第3回低価格プラモ限定コンペにエントリーしました。プロポーションは変更せず、戦闘甲板の状態を変更できるようにすることとフィンの類を薄く作り直すことを目標に工作しました。甲板上にデスラー砲だけを出している状態はアニメ映像を再現したものです。塗装はタミヤのファインサーフェーサー、クレオスの缶スプレーのシャインレッドの順に吹いた後エナメルカラーで細部の塗り分けとスミ入れを行い、最後にクレオスのツヤ消しクリアを吹いてツヤを整えています。

詳しい製作記事(pdfファイル)はこちら


モ子ちゃんナイトホーク
モ子ちゃんナイトホーク
メーカー

不明

スケール

NON 

製作

平成22年5月


 某模型サイトの「痛」ヒコーキコンペにエントリーした機体です。ハードディスクに有った出処不明の展開図を修正した後ケント紙に印刷、スケールだけはミニジェットシリーズに合わせています。モ子ちゃんデカールは市販品では寸法が合わなくなったのでMDプリンタで自作したものを貼り付け。機体色は印刷のままで、キャノピーのみ塗装しています。

アンドロメダ
地球防衛軍 アンドロメダ
メーカー

バンダイ

スケール

NON 

製作

平成22年12月


 某模型サイトの第5回低価格プラモ限定コンペにエントリーしました。艦底部のインテーク状の部分を一回り大きく作り直しノズルを追加した以外はプロポーションは変更していません。胴体の補助エンジン後半部の段差を強調、艦橋後部には流用パーツを組み合わせてノズルを追加しました。艦上面の流線型のバルジはエポキシパテにて作り替えました。塗装は全体にクレオスの明灰白色の缶スプレーを吹いた後、ラッカー系及びエナメル系カラーで細部の塗り分けとスミ入れを行い、最後にクレオスのツヤ消しクリアを吹いてツヤを整えています。

詳しい製作記事(pdfファイル)はこちら


ミンメイバルキリー
ミンメイバルキリー
メーカー

SANKYO

スケール

NON 

製作

平成23年2月


 某模型サイトの「痛」ヒコーキコンペパート2にエントリーした機体です。パチンコ販促用のペーパークラフトに若干の補強を加えて組み立て。頭部レーザー砲は紙を丸めたものに換装しました。対艦反応弾とパイロンは自作し、テレビ版設定に準拠してマウントしています。

スリーナイン号
銀河超特急 スリーナイン号
メーカー

バンダイ

スケール

Nゲージ 

製作

平成24年5月


 某模型サイトの第6回低価格プラモ限定コンペにエントリーしました。 2005年頃に再販された6両編成精密モデルを使用し、映画版スリーナイン号を再現しました。工作を容易にする為炭水車を一旦切り離して境目を新造した以外はほぼストレートに組んでいます。また、ヘッドランプ点灯の為炭水車内に電池を内蔵しています。機関車の塗装はほぼガンダムカラーのファントムグレーのみで行い、ヘッドマークとプレートは映画版に準拠したものをMDプリンタで自作しています。

詳しい製作記事(pdfファイル)はこちら


1/144 レッドミラージュ
レッドミラージュ
メーカー

ウェーブ

スケール

1/144 

製作

平成26年11月


 単行本3巻位までの形状を目指し、ウェーブのEDレッドミラージュから胴体と一部外装を流用してプラキットの四肢と組み合わせています。他にウェーブのKOGプラキットや海洋堂のアクションフィギュアからもパーツを流用しました。 塗装は白色と銀色がグリーンマックスの鉄道スプレー、メタリックグレーはクレオスの黒鉄色の上からクリアブルーを吹いています。細部の塗り分け・リタッチにはラッカー系・エナメル系・水性のアクリジョンカラーを使い分けました。

詳しい製作記事はこちら pdfファイルはこちら


宇宙戦艦ヤマト(新メカコレ)
宇宙戦艦ヤ
メーカー

バンダイ

スケール

NON 

製作

平成27年12月


 「宇宙戦艦ヤマト2199」メカコレの部品に旧メカコレの艦体・副砲・主翼等を移植して旧アニメ版の形状に変更しました。艦首にネオジウム磁石を内蔵して喫水線で分割できるようにし、主翼も差し替えできるようにしています。塗装は主にクレオスのガンダムカラースプレーを使用しました。タミヤのスミ入れ用ダークブラウンでスミ入れし、クレオスのツヤ消しクリアを吹いてツヤを整えています。

詳しい製作記事(pdfファイル)はこちら


宇宙戦艦ヤマト(旧メカコレ)
宇宙戦艦ヤ
メーカー

バンダイ

スケール

NON 

製作

平成27年12月


 メカコレの宇宙戦艦ヤマトを極力ストレートに組んでみました(第三艦橋裏面と折ってしまった艦底部アンテナのみ手を加えています)。塗装はクレオスのニュートラルグレーとマルーンの筆塗りで喫水線上下を塗り分け、窓等はシルバーの上にクリアーブルーを重ねています。塗装後にクレオスのツヤ消しクリアを吹いてツヤを整えました。

宇宙戦艦ヤマト(新メカコレ)
宇宙戦艦ヤト2199
メーカー

バンダイ

スケール

NON 

製作

平成27年12月


 メカコレの2199版宇宙戦艦ヤマトをメーカー推奨通りにパチ組みし、タミヤのスミ入れ用カラー(ブラウンと黒色を使用)でスミ入れ後に部分塗装を施したものです。窓はシルバーの上にクリアーグリーンを重ねています。最終的にクレオスのツヤ消しクリアでコートしました。

第一分室扉へ