Comming Soon?

★製作中のもの、思案中のもの★
(ごく一部)


1/100 零戦22型
三菱 零式艦上戦闘機22型
メーカー

ハセガワ

スケール

1/100 


 52型の翼端を延長すれば22型に...という製作記事が昔あったのを思い出し、やってみたのですが簡単にはいきませんねぇ(苦笑)。図面の寸法を合わせてみたところ翼端が更に延長されている事が判明し、急遽プラ板を貼り足しました。
 脚付け位置の変更はこんな感じです。主翼後縁に手前にあるエバーグリーンのプラ角材(1mm角)を貼り付けて大まかに整形したところ。この後サーフェーサーで段差を均します。増槽は童友社52型(旧)のパーツを複製したもので、位置決め用の暫定品です。 
超合金魂ダブルマジンガー
超合金魂
マジンガーZ&グレートマジンガー
メーカー

バンダイ(合金トイ)

スケール

NON 


 Zはジェットパイルダーを搭載し、スクランダーの取り付け位置を約6ミリ上げました。手足の青色はグレートに近い色に塗り直す予定です。
 グレートは以前所有していたものを知人にプレゼントしたので、オークションで訳有り品のver.2を購入しました。
1/144 10/80
10/80(テン・エイティ)
メーカー

ウェーブ

スケール

1/144 


 工作が終了、プラ板による貼りモールドを施して全パーツを取り付けた状態。この後、スナップキット特有のダボひけや表面の処理に入ります。機体番号はデカールからチョイスします。
1/100 五式戦1型甲
川崎 五式戦闘機1型甲
スクラッチビルド

(童友社 「飛燕」改造)

スケール

1/100 


 「烈風が吹くとき」を読みながら(笑)、飛燕の機首を切断しました。新しいカウリングは同スケールの零戦のものを型取りして芯にしています。
 カウリング周りがだいぶ形になってきました。カウルフラップの位置決めの前に胴体側の段差を処理しないと。
1/48 零戦21型
三菱 零式艦上戦闘機21型
メーカー

タミヤ

スケール

1/48 


 ハセガワの新しいキットも素晴らしい出来ですが、タミヤのこのキットは今なお魅力的です。エンジン部が上げ底になっているのを利用してミニベビーモーターを内蔵、電源はボタン電池をハンダ付けすることにしました。付属のデカールで坂井三郎一飛曹の機体にする予定です。

 この機体を作成していた平成12年9月27日、各新聞にて坂井氏の訃報が伝えられました。「大空のサムライ」から生きるために必要な色々なことを学んだような気がします。心よりご冥福をお祈りいたします。
1/200 VF−1
スーパーバトロイド&スーパーガウォークVF−1
メーカー

ニチモ&海洋堂

スケール

1/200 


 かつてのピタバンシリーズの再販品です。 途中まで作っていた白いバトロイド(向かって左側:製作開始状態の画像)が行方不明なので、グレーのランナーを新たに組み始めました。背部ブースターは3mm程上にずらしました。

1/144 マジンガーZ
マジンガーZ
メーカー

バンダイ

スケール

1/144 


 ベストメカコレクションのマジンガーZです。本体は一旦完成していたのですが、スクランダー製作に合わせて頭部とジェットパイルダーを修正することにしました。スネは食玩の物を流用し、肩は手芸用のループエンドを用いて作り直しています。関節部分は全て市販のポリパーツに置き換えました。スクランダー翼は寸法検討用のケント紙です。新しいメカコレを開封する前に完成させないと。
マグマライザー
マグマライザー(RC)
メーカー

バンダイ

スケール

NON 


 手頃なサイズのラジコン戦車トイを入手したので、マグマライザーに組み込むことにしました。古いキットでプロポーション的には?なところも有りますが、実際に走行することが優先なので余り気にしないことにします。
 ・・・といいつつ、気が付いたらプロポーション変更をしている罠。左右の張り出しをプラ板にて大型化しました。前のタイヤはTOMYのビットチャージのもの(後輪のみ2セット分流用)。RCユニットをドリル車体内に配置することにしました。手前はパソコン用接続コード、これを切り出したもので配線を延長します。
ゲッター1
ゲッター1
メーカー

バンダイ(食玩)

スケール

NON 


 食玩とは思えない良好なプロポーションだと思います。素立ち状態(首・肩・ヒジ・腰が可動)の関節を全て切り離しました。力強いポーズを付けてみようかと思っています。拳は貧弱なので1/144バイファムの物を持ってきました。
1/100 コルセア
チャンス・ボート F4U-1 「コルセア」
メーカー

タカラ(玩具)

スケール

1/100 


 1/100でちゃんとしたプロポーションの玩具が発売されたので購入。材質は樹脂で、しかも脚まで付いているのが嬉しいです。スイッチを押すとプロペラが回りエンジン音が流れるギミックがあったのですが、分解してしまいました(爆)スタンドとの接続パイプをねじ切った後、主脚→水平尾翼→着艦フック→増槽→プロペラ→主翼上面→主翼下面→キャノピーの順に解体しました。
1/100 Fw190A/F
フォッケウルフ Fw190A/F/G
メーカー

童友社

スケール

1/100 


 メッサーシュミットでは気になったゲートの配置が改善されており、良い感じです。キットはA5型で発売されていますが、バリエーションタイプを展開すべく、ガーラント・ハウベのヒートプレス原型を作成。食玩のTa152Hを手本にしました。
1/144 二式大艇
川西 二式大型飛行艇12型
メーカー

LS

スケール

1/144 


 足柄タマさんのサイトで開催された第20回ヒコーキコンペにエントリーするも間に合わず(爆)仕切り直しとなりました。エンジンはモールドが施されていないので、詰め込んだエポキシパテが軟らかいうちに精密ドライバーの先でそれらしくスタンピング。
1/350 TB2
サンダーバード2号
メーカー

イマイ

スケール

1/350 


 旧作アイテムのうち当時から決定版プロポーションとの呼び声が高いTB2specialだけが長らく再販が無かった為、旧イマイ製の手付品を安価で入手しました。黄ストライプはデカール自作の予定でしたが、MDプリンタが使用できなくなった為塗りに変更。この後マスキングして機体色を吹きます。
宇宙ビートル
ジェットビートル(宇宙ビートル)
メーカー

バンダイ

スケール

NON 


 ウルトラメカコレシリーズのジェットビートルです。キットはイロプラに水転写デカールが付属。アンカー発射装置やS号が取付られるようになっていますが通常状態で製作。機首部分はエポキシパテでボリュームアップしました。何かの作例記事で「銀色はマスキングテープで持って行かれる」と読んだのを思い出し、先にガンダムカラースプレーのMSレッドを吹きました。
ミレニアムファルコン
ミレニアムファルコン
メーカー

バンダイ

スケール

NON 


 メカコレシリーズのミレニアムファルコンです。ダボが干渉する部分を切り欠き、操縦席部分を先に接着しました。底部には8mm径のネオジウム磁石2コを仕込んであります。

第一分室扉へ