2011年01月03日

玄箱+Debianでwebサーバのブログをお引越し

自宅インターネット回腺をWimaxに一本化した結果、外でWimaxを使うと、自宅回腺が切断されてしまう。Wimax端末は3つ(モバイルルータ2台、PC内蔵1台)もっているのだが、同時使用は1台のみ。外でWimaxを使う度に自宅回線が切断されてしまい、復旧は帰宅後の手動再接続しかできないため、その間ブログが見えなくなってしまう。そこでどこかへ移行することにした。

自宅サーバは当初、玄箱HGにDebianを入れ、Movable Type 3でブログ運用していた。その後、ハードを玄箱HGからatom330の自作PCへ、OSをDebianからUbuntuへと移行したものの、 Movable TypeだけはVerUpせず、ずっとVer 3.34のままだ。

ただ単にVerUpの仕方が複雑そうで、やる気がなかっただけだが、はたして簡単に移行出きるのだろうか。

google アカウントをもっているので、とりあえずBloggerへ移行しようと考えてみた。Bloggerでは.xmlによるインポートがサポートされているようだが、Movable Type 3で単純にエクスポートしてみると、.txt形式でしか出てこない。完全移行は難しそうだ。

そこで、完全移行はあっさりあきらめ、新ブログページと、過去ブログのアーカイブページとに分割することにした。

新ブログページは
http://ttom560.blogspot.com/
のとおり。今後の更新は、ここでのみ行っていくので、ブックマークの変更をお願いします。

過去ブログのアーカイブページは、フリーでホームページを提供してくれている@pagesの
http://www23.atpages.jp/ttomblog/
とした。

そして、元のページ
http://ttom.homelinux.com/weblog/
はしばらく残しておこうと思う。ただ、Wimax回腺を外で使ってたら、見えないと思うけど。

2010年11月24日

UbuntuでCiscoルータをシミュレートしてみる

仕事でCiscoルータやスイッチを触る機会が増えそうで、中古価格が安かったから、ちょっと買ってみた。

10112401.JPG

【Cisco 2621(WIC-1B-S/T1)】
インターフェースなどがモジュール化された、汎用ルータ。2600シリーズの中では中堅モデル。FastEthernetが2つ付いている。6800円。

10112404.JPG

WICモジュールとして、 WIC-1B-S/T(ISDN 1BRI S/T) が装備済みになっている。

10112405.JPG

Router#show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C2600 Software (C2600-I-M), Version 12.3(26), RELEASE SOFTWARE (fc2)
Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
Copyright (c) 1986-2008 by cisco Systems, Inc.
Compiled Mon 17-Mar-08 15:23 by dchih

ROM: System Bootstrap, Version 11.3(2)XA4, RELEASE SOFTWARE (fc1)

Router uptime is 1 minute
System returned to ROM by reload
System image file is "flash:c2600-i-mz.123-26.bin"

cisco 2621 (MPC860) processor (revision ***) with 28672K/4096K bytes of memory.
Processor board ID *********** (**********)
M860 processor: part number 0, mask 49
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
Basic Rate ISDN software, Version 1.1.
2 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
1 ISDN Basic Rate interface(s)
32K bytes of non-volatile configuration memory.
8192K bytes of processor board System flash (Read/Write)

Configuration register is 0x2102

Router#

【Cisco Catalyst WS-C2950T-24】
汎用スイッチ。FastEthernetが24個、GigabitEthernetが2個付いている。VLANの勉強に。5000円。

10112402.JPG

裏面にコンソールケーブルを接続する。

10112403.JPG

Switch#show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C2950 Software (C2950-I6K2L2Q4-M), Version 12.1(22)EA12, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-2008 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 08-Jul-08 00:03 by amvarma
Image text-base: 0x80010000, data-base: 0x80680000

ROM: Bootstrap program is C2950 boot loader

Switch uptime is 0 minutes
System returned to ROM by power-on
System image file is "flash:/c2950-i6k2l2q4-mz.121-22.EA12.bin"


This product contains cryptographic features and is subject to United
States and local country laws governing import, export, transfer and
use. Delivery of Cisco cryptographic products does not imply
third-party authority to import, export, distribute or use encryption.
Importers, exporters, distributors and users are responsible for
compliance with U.S. and local country laws. By using this product you
agree to comply with applicable laws and regulations. If you are unable
to comply with U.S. and local laws, return this product immediately.

A summary of U.S. laws governing Cisco cryptographic products may be found at:
http://www.cisco.com/wwl/export/crypto/tool/stqrg.html

If you require further assistance please contact us by sending email to
[email protected]

cisco WS-C2950T-24 (RC32300) processor (revision **) with 19912K bytes of memory.
Processor board ID ***********
Last reset from system-reset
Running Enhanced Image
24 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
2 Gigabit Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)

32K bytes of flash-simulated non-volatile configuration memory.
Base ethernet MAC Address: **:**:**:**:**:**
Motherboard assembly number: **-****-**
Power supply part number: **-****-**
Motherboard serial number: ***********
Power supply serial number: ***********
Model revision number: **
Motherboard revision number: **
Model number: WS-C2950T-24
System serial number: ***********
Configuration register is 0xF

Switch#

で、こちらを参考に、IOSをバックアップ。バックアップ先は、TFTPサーバプログラム TFTPDを使った。

で、このルーターとスイッチ、電源を入れてみると、予想通りFANの音が結構大きい。あくまで勉強用なので、使い勝手が良くならないか、いろいろと探してみると、Dynamipsというツールがあった。これのWindows版Linux版の両方を試したところ、Linux版のほうがCUIとの親和性が高いように思ったので、Linux版でいくことに。

以下備忘録。

synaptics,aptitude等を使って、Dynagenをインストールする。
※今回はでsynapticsからインストールした。

インストールされたファイルを[dynagen]で検索すると、下記のとおり。
# find / -name dynagen
/usr/bin/dynagen
/usr/share/dynagen
/usr/share/doc/dynagen

dynagenのios、設定ファイルは、下記の場所とする。
/home/hogehoge/dynamips/ios/c2600-images/C2600-I-.BIN
/home/hogehoge/dynamips/config/simple1.net
※Cisco2600シリーズのios(c2600-i-mz.123-26.bin)は、zipで圧縮されているので、unzipしておくこと。unzipすると、C2600-I-.BIN となる。

~$ mkdir dynamips
~$ cd dynamips/
~/dynamips$ mkdir ios
~/dynamips$ mkdir config
~/dynamips$ cd ios/
~/dynamips/ios$ mkdir c2600-images
~/dynamips/ios$ cd ../

configファイルは以下のとおり。
~$ vi /home/hogehoge/dynamips/config/simple1.net
# Simple lab
# ~$ dynagen ~/dynamips/config/simple1.net

[localhost]

[[2621]]
idlepc = 0x804a0c04
# On Linux / Unix use forward slashes:
# config = /home/hogehoge/dynamips/config/simple1.net
image = /home/hogehoge/dynamips/ios/c2600-images/C2600-I-.BIN
ram = 32

[[ROUTER R1]]
model =2621
s0/0 = R2 s0/0

[[router R2]]
model = 2621


idlepc = 0x804a0c04は、iosによって異なるらしい。
Windows版のdynagenでidlepc番号を調べて入力することで、CPU使用率が低減できそうだ。

<使い方>
まずdynamipsを起動する。

[email protected]~$ dynamips -H 7200
Cisco Router Simulation Platform (version 0.2.8-RC2-x86)
Copyright (c) 2005-2007 Christophe Fillot.
Build date: May 5 2009 21:27:35

Hypervisor TCP control server started (port 7200).

dynamipsコマンドはこのままコンソールを開放せず、随時動作状態を表示するようだ。
次に、dynagenのconfig設定を読み込ませる。

[email protected]~$ dynagen ~/dynamips/config/simple1.net
Reading configuration file...

Network successfully loaded

Dynagen management console for Dynamips and Pemuwrapper 0.11.0
Copyright (c) 2005-2007 Greg Anuzelli, contributions Pavel Skovajsa

=> list
Name Type State Server Console
R1 2621 running localhost:7200 2000
R2 2621 running localhost:7200 2001
=>

上のように、listコマンドで動作状態が確認できる。
そして、コンソール接続してみる。

[email protected]~$ telnet localhost 2000
Trying ::1...
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
Connected to Dynamips VM "R1" (ID 0, type c2600) - Console port


% Please answer 'yes' or 'no'.
Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]: no


Press RETURN to get started!

これで、Ciscoルータのシミュレーションが自由自在。また外部LANと接続するために、NICをbindする方法もあるので、手元のSWと接続したりできる。

Linuxの場合は、
1.ifconfigで希望のNICを調べる。[eth0]等々。
2.simple1.netファイルに以下の様に記述する。

 f0/0 = NIO_linux_eth:eth0

これらを使って、まずは初期設定@networkさんやCCstudyさんを参考に、色々勉強できそうだ。

2010年10月31日

ユーザー車検。11年目突破。

平成11年10月登録のため、今回で11年突破、12年目突入となる。大きな不具合もなく(?)、継続車検となった。

10103101.JPG

小さな不具合
2009/10/2 ブレーキローター交換 約18,000円(工賃込み)
ブレーキローターが波打ってきたみたいで、ブレーキ踏力に振動が感じられたため、交換。

2009/11/22 オキシジ(O2)エンセンサ故障 約38,000円(工賃込み)
いきなりエンジン警告等が点灯し、びっくりした。

今回も陸運局でユーザー車検にしたが、以前は横浜だったため、こちらの陸運局の勝手をすっかり忘れていた。2年後のメモとして、記録を残しておこう(次回も継続車検できるだろうか・・・)。

①まずは、ユーザー車検の日程を抑えておく。
http://www.kensayoyaku.mlit.go.jp/CarAnswer/app

②きちんと整備しておく。今回は、まったく車をいじってなかったため、光軸に関してはは無調整。車体の傾きがあるかもしれないので、念のため、空気圧をガソリンスタンドでチェックしておいた。それと、今回気がついたが、助手席側のHIDが、エンジン始動直後に1回だけ、不点灯となることがあった。そろそろバーナーの寿命かも。

③車検費用は64,300円かかった。
検査費用 1,800円
用紙代 30円
自動車重量税 40,000円
自賠責保険料 22,470円

④書類を忘れないように。
免許証(常時携帯のはず)
車検証(常時携帯のはず)
納税証明書
自賠責保険証
印鑑

これで準備OK。陸運局に行く。ここで予約番号を伝え、必要書類のチェックをうける。問題なければ用紙を購入(30円)し、記入。

10103102.JPG

検査代(1,800円)と自動車重量税(40,000円)を隣の隣の建物で支払い、いよいよ検査レーンへ。

10103103.JPG

無事完了すれば、一番奥の怪しい建物(失礼)にて、自賠責保険を支払い、最初の窓口で新車検証を受け取り。

10103104.JPG

以上で終わり。

今回は指摘事項もなく、水曜日の11時前に検査場入りし、12時前には完了した。あとは気になるHIDを直しておかなければ。