i-mobile
水野プランクトンはんちゃんの栄光の動画研究所

◆画像の森◆
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.バック・トゥ・ザ・フューチャー
2.魔法のiらんど
3.浜崎あゆみ
4.脳機能
5.ちょっと待って、神様
6.ヤフオク
7.山田真美
8.村治奏一
9.Facebook
10.X-MEN STREET FIGHTER

i-mobile
[新着人気サイト]
坂の上の雲〈3〉 (文春文庫) 日露戦争は遅々として進展のない戦争として表層には見えるが、司馬さんの記述でお互いに巨大なエネルギーの押し合いを感じた。日本は軍費もなく、国債を外国に買ってもらって、軍艦を買い、砲弾を作り、兵力では圧倒的に劣っている中、砲弾戦では不利でも、衝突の肉弾戦では極めて果敢な気迫で戦った。

戦局は大まかに要約すると次のようになる。

旅順という港の要塞の東郷の海軍が攻めるが、互角の戦いでロシア軍艦を港に封じ込めるのが精一杯であった。一方、陸軍は朝鮮半島の仁川から北のロシアの要塞を1つづつじりじりと陥落させて、清の前身である金の首都だった奉天まで進む。ロシア軍は後退する中、本国から膨大な師団の援軍を待っている、そしてナポレオンをも撃退した冬将軍の到来も味方として期待している。日本陸軍は小さな輪をあたかも大戦力で巨大なロシア軍を取り囲むような作戦の展開を進める。ある意味、日本は兵力よりも敵将クロパトキンの心理と戦っていた感すらある。その作戦の中でロシアのコサック騎馬隊との互角の戦は不利と考えた秋山好古は騎兵と歩兵による変則的な騎兵隊で活躍する。

一方、遅々として陥落できない旅順に陸軍は乃木に陸側からの攻撃をさせるが戦後、英雄の伝説になっていた乃木とその参謀の伊知地は、実は才にはたけていなかった。有名な二百三高地を落とすために大勢の日本兵が無駄死にの状態であった。そこへ登場するのは陸軍大臣も辞して司令本部の現場におりた児玉源太郎である。旧友の乃木を助けるべく、乃木軍の攻撃の危険のある前線まで赴き、山を動かすが如き、巨大な砲台を山の上に移動させる。現場では砲学の専門の参謀が不可能と進言する中、児玉の直感で見事にそれを実現させ、ついに二百三高地に砲台を移動に成功させる。そうなると、もう旅順港は眼下にある。運び上げた砲台をもってしてロシア艦隊を殲滅させる。


万能文化猫娘 Blu-ray BOX(期間限定盤)(Blu-ray Disc) 『BLUE SEED BD-BOX』同様デジタルテープマスターからのHD化とのことですが、こちらは
元々のマスターテープの状態がよろしくなかったのでしょうか。
正直言うと、これがBDでのHD映像かと問われると、とてもじゃないが「はい」とは答えられない。
全体的にぼやけた印象があり、アナログ波にあるゴースト程ではないのですが、輪郭が薄く二重に見える。
もし残っているのならフィルムからHD化したほうが良かったのではないかと思う。
高田裕三原作アニメ3作のBD-BOX全部買ってみましたが、画質面で満足出来たのは、最初のBLUE SEEDだけ
でした。最初が良かっただけに、この万猫BD-BOXも期待していたのですが非常に残念です。

画質に関して言えば、「当時は学生で映像ソフトを買う余裕も無く、TV放送を録画した or レンタルした
ビデオをダビングして保管していたモノ」よりは良いと考えれば及第点でしょう。

逆に良い点はというと、
1.もりやまゆうじ描き下ろしBOX絵のヌクヌクがかわいすぎてたまらない。
2.2000年以降、DVD-BOX等映像ソフトは発売されていないので、今、万猫の全てを見るなら
  このBD-BOXしかない。
3.DISC7のヌクヌクDJCDでは、主要キャラの18年後の姿を絡めて語られており、懐かしさと共に
  自分も含めてそれだけの歳月が経ったことが実感できる。しかも2010年現在のヌクヌクの声が
  聴けるとなると、これは貴重なものではないかと。
4・改めて視聴してみると、やはりヌクヌクの媚びた感じのしない明るさ、無邪気さ、かわいさが
  たまらないですね。

映像面以外に価値を見出せる方であれば、この万猫BD-BOXを購入しても、さほど後悔はないと思います。

スカイガールズ Vol.1 [DVD] お尻アニメとか、お風呂アニメと言われているスカイガールズですが、その本質は、一人一人の日常、心の動き、成長を丹念に描くお話です。したがって、世界観の謎解きとか、そういうことはあまり重要ではなく、音羽、可憐、瑛花、エリーゼと、それを取り巻く人々の人間模様を楽しむのが良いでしょう。
その過程として、お風呂とか着替えとか温泉とかモーションスリットとか南の島とか、いろいろ萌え要素はありますです(笑)

DVD第1巻は
第1話「候補者たち」
第2話「ソニックダイバー」
の序盤2話を収録。

音羽と可憐は、軍によるスカウト、パイロットの瑛花は模擬戦でソニックダイバーに敗れたことに雪辱するために、志願という形で、それぞれに追浜基地にやってきます。
この頃の瑛花さんは、かなりツンツンです。可憐は「ちょっと怖い人ですね」と素直な反応ですが、音羽は「そっかなぁ?」と。音羽はおじいちゃんに道場でけっこうしごかれてましたからね。この瑛花さんのツンツンが、次巻の第2巻で早くも、ちょっとほどけて、良い笑顔を見せてくれます。そういう対比の意味でも、まずはこの1巻を見ておきましょう。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
girls☆ranking

today:002 yesterday:013
TOTAL:18745