i-mobile
船上の一番搾りい~ちゃんのフランキームービーリスト

◆画像の森◆
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.八田雅弘
2.ヴァネッサ・メイ
3.藤田大介
4.The Neville Brothers
5.渡る世間は鬼ばかり
6.佐々木淳子
7.川原正敏
8.更年期障害
9.麻宮騎亜
10.Chrome

i-mobile
[新着人気サイト]
阿波DANCE [DVD] 本作は「榮倉奈々が阿波踊りをする」ということに尽きる映画である(笑)。背が高い分、ヒップホップでNYCへ渡れそうな実力、というのは設定上ムリはないが、冒頭のコンテストシーンだけでそれを語るのは、少しきついのではないか。永山組の「バックダンサーズ」でも全編通してようやく「サマ」になった感じがするくらいなので・・・。あとキツめのメイクや性格などもかなりのチャレンジだったと思うが、そこは女優として進化したかな、と思う。勝地涼も芝居は上手いが、やはりダンスは課題が残ったのでは。踊りという「軸」がブレてしまうと、こういう作品はつらい。もっと阿波DANCEチームの成長過程に絞って脚本化すべきだったと思う。青春=スポコンという王道の作り方をなぜしなかったのか?それと長江監督は映画本編の経験が少なく、かつTVでも正統派ドラマはあまりないはずだ。最後の阿波踊りシーンなどはもっとワイドに撮らないと迫力が出ないのだから、慣れない監督に任す時点で人選ミスだろう。親子の絆のシーンも煮詰め不足だった。犬童組の「眉山」と比較すると雲泥の差だったぞ。徳島県もこれでよかったのか?(笑)。ホンは星2つだが、榮倉奈々のがんばりにひとつプラス。
マーケティング戦略 (有斐閣アルマ) 読み物的なマーケティングの本を読んできた人が「さて、コトラー先生の本でもチャレンジしてみようか」と思い、実際チャレンジする前に読むべき本だと思う。

内容的にはモレは少ないし、トラディショナルなマーケティング戦略理論を十分カバーしている。
さらに最近のトレンドについても言及している。
構成もキーワードやポイント解説など、読者に配慮した形になっている。

従って、「マーケティングで食べていく」と決めた人がコトラーなどの「古典」(いい意味で)を読む一歩手前で読むと質・量ともにヘビーなコトラー本にも耐えうる基礎体力が身につくと思う。

実際に私はそうしましたが、コトラーのマーケティングマネジメントのミレニアム版を読んだが、理解は深くなったと思う。

カービィのエアライド (ワンダーライフスペシャル―任天堂公式ガイドブック) ホームページではよく分からないこと、
友達からの噂では上手にできないことなど、
この攻略本独特の情報がたくさん載っています。
3つのモードを徹底的に説明! 非常に分かりやすいです。
速くなりたい方におススメです!

☆人気サイトランキング☆



[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
girls☆ranking

today:006 yesterday:012
TOTAL:45830